しっかり考えよう住宅ローン

住宅ローンの審査に通りやすくなる方法とは

住宅ローンの審査は、主に人物に対する評価と、不動産物件に対する評価の二つに分かれています。ですから、本人に信用がなくても、質のいい物件を選べば審査には通る可能性が高くなるのです。担保として価値のある不動産物件を選んでおけば、銀行は安心してお金を貸してくれることがあるのです。あまりにも安い価値の無い物件を選んでしまうと、本人に収入があって信頼が高くても断られるケースもあるのは知っておくべきです。人物面の評価と、不動産の評価の両方をできるだけ高く維持しておくのが審査に通りやすくなるコツです。他にも、自動車のローンなどを使っている間は合格しにくくなるのは知っておくべきでしょう。他のローンはすべて支払いを終えておくと、銀行としても安心ができ、融資しやすくなるのは当然のことです。仕事も自由業よりはサラリーマンの方が信頼度が高いですし、一部上場企業など名のある会社ならお金はより借りやすくなります。勤続年数を高めておくのもひとつのコツです。

住宅ローンの審査は様々な視点で見られます

銀行などにおける住宅ローンの審査は、借りる人の年収や勤務先によっても大きく異なります。また、勤続年数などもしっかりと確認され、返済能力があるかどうかも確認をされることになっています。勤務先では中小企業などでは審査が通りにくいことがあるのに対して、大企業や公務員の場合は審査が通りやすいという傾向が見受けられます。借りる人の年齢も見られる視点の一つです。借り始めから返済終了のタイミングで高齢者になる場合、返済しきれるのかどうかは考慮されることになるのは間違いありません。この他にも、住宅ローン以外で返済しなければならないような銀行や消費者金融といったカードローンの類で、そもそも借りていること自体が駄目ということもありますし、借りていて返済が滞ったりしているような場合においては、信用情報に傷がついていますので、新たな貸し出しができないということがあり得ます。こうしたことを総合的に見ながら認めるかどうか、判断されています。

Favorite

東京の宝石広場で高額査定

最終更新日:2017/1/26

『住宅ローン 審査』最新ツイート

住宅ローンの教科書
(@jtkloan)

急ぎの人向け!審査結果が早い住宅ローンを徹底比較 https://t.co/l5J64YKaNw #住宅ローン @jtkloanさんから

1時間前 - 2018年06月25日


英司(チャンキチ)
(@ez_library)

「クレジットカードは借金」って感覚強いし、実際最近はデフォでリボとか付いててマジかよ!ってなるけど、30歳までに自分名義のクレジットカードで一度も決済していないと住宅ローン組めなくなったり、その時にクレカ持とうとしても審査通らなか… https://t.co/1GW69Rx8kK

1時間前 - 2018年06月25日


つぶやき不動産
(@REtsubuyaki)

住宅ローンにおける中古物件の考え方 https://t.co/xsqgz378i8 #住宅ローン #審査

1時間前 - 2018年06月25日



このページのトップへ▲