しっかり考えよう住宅ローン

住宅ローンはシミュレーションを確認してから決めると失敗しない

住宅ローンは事前にシミュレーションをして、具体的な返済計画をチェックしておくことが大切です。とくに返済額が変動するタイプのものなら、いつごろからどの程度の返済額になるのかということを把握しておかなくてはなりません。それに合わせて生活を変化させなくてはならない場合があるからです。住宅ローンは、できれば繰り上げ返済がいつでも好きなときにできるタイプのものを選ぶと、そういったこともあまり考えなくてよくなります。余裕があるときに一気に返して行けますから、総支払額も圧倒的に低くすることができますし、支払い期間を短縮することも可能です。さまざまなトラブルを後からでも解決可能なので、後悔したくないなら繰り上げ返済可能な住宅ローンを選びましょう。とくに、少額から何度でも繰り上げ返済ができるものなら、ローンの返済もかなり楽になることでしょう。いまは金利が低いですから、ローンを組むのはチャンスかもしれません。

住宅ローンのシミュレーション結果

住宅ローンを組む場合には、頭金の金額と現在の定期的な収入の金額によって、返済シミュレーションをおこなうこともできます。逆に言うと、今の自分にはどのぐらいの金額の住宅を購入できるかを事前に確認することができます。その金額も、返済する回数、返済する際の金額、また利率が変われば大きく影響を受けることになります。また実際に住宅ローンを組む契約をする際にはその時の年齢も関係してくるために、例えば35年もの長い間のローンを組めない場合もあります。そのようなことを考慮して返済シュミレーションをすることで、現在の自分に購入できる住宅の価格帯であったり、その価格帯に見合った住宅メーカーの商品が絞られることになります。また頭金自体が多くなれば更に価格帯を上げることができます。その価格帯の商品が欲しいのであれば、親から頭金分としていくらかを出してもらったりすることも検討する必要があります。しかしシュミレーションをいくらしたとしても実際に実行した場合の結果とは違ってくる場合もあるためにシミュレーションの数値には余裕を持って考えることが必要です。

check

Last update:2017/5/11

『シミュレーション 住宅ローン』最新ツイート

住宅ローンニュース速報
(@jyuutaku_loan)

【住宅ローンニュース】 消費税の増税前に、駆け込みで家を購入すべき? 増税額と、補助金の恩恵額を比較して、 マイホームの買い時をシミュレーションした! - ダイヤモンド・オンライン: 消費税の増税前に、駆け込みで家を購入すべき?…… https://t.co/vivC813trE

9分前 - 2018年06月26日


投資家フミエ
(@Herih77)

消費税の増税前に、駆け込みで家を購入すべき? 増税額と、補助金の恩恵額を比較して、 マイホームの買い時をシミュレーションした! - 住宅ローンの選び方[2018年] https://t.co/bke8YqLk0I

1時間前 - 2018年06月25日


すまいポート21アミューあつぎ
(@sumai21_atsugi)

【資金相談 住宅ローンシミュレーション】 住宅ローン借入可能額は返せる額ではなく借入最高額であることを知ってますか?当社フィナンシャルプランナーが新築サポートします https://t.co/gzc2ExBNI9 sumai21_atsugi #注文住宅

5時間前 - 2018年06月25日



このページのトップへ▲