しっかり考えよう住宅ローン

住宅ローンの金利は何によって決まっているか

住宅ローンの金利の動向を見るためには、そもそも、それらが何に影響を受けて決定されているのかを押さえておく必要があります。変動型や、期間選択型のうち2年固定、3年固定など、短期間で変動していくタイプのものは、一般に、優良企業に貸し出す際に用いられる、短期プライムレートに代表される、短期金利に連動しています。一方、10年以上の固定タイプなど、長期間が固定される住宅ローンは、10年物国債利回りに代表される長期金利に連動する傾向が強くなっていますが、最近では、各金融機関の資金調達力によって格差が生じるようにもなってきています。また、フラット35は、住宅金融支援機構が提示する数字に各金融機関が利益を含むコストを上乗せして設定される仕組みになっています。これらの影響を踏まえて、過去の推移を把握して、今後の変動リスクを理解した上で、どのようなタイプの住宅ローンを選択するかを決定することが大切になります。

住宅ローンの利用時には金利に注目すべし

不動産を購入するときには、一括で支払いができるものではないので、住宅ローンを組むことになります。住宅ローンには金利というものがあって、この数字が高ければ高いほど総支払額は膨れ上がることになります。できるだけ安い時期にローンを組んで、しかも金利変動型などにしないということが重要になります。変動するタイプのものは確かに、支払額が低くなる可能性もあるのですが、現在は日本はかなりの低金利時代ですから、今後は高くなる可能性の方が高いのです。安定的な返済がしたいなら、固定型にしておくのが妥当です。ただし、繰り上げ返済ができるタイプのものを選べば、デメリットは回避しやすくなるのでどちらを選択するのもありです。ファイナンシャルプランナーの方などに相談をして、適切なローンを組むようにするといいでしょう。住宅ローン減税というものがあって、それを利用すると税金面で優遇措置を受けることができるので、調べてみるとお得になります。

『住宅ローン 金利』最新ツイート

相互フォローアカウント
(@tw_box1)

ブログを更新しました。『住宅ローンの金利がついにここまで下がった!借り換え成功体験談』⇒https://t.co/LchZxtbqlr

1時間前 - 2019年03月26日


川添 篤
(@atsushi0817k)

よって銀行は、お金を預けたままだと損をしてしまう状況になるので、日銀口座へプールしている資金を企業へ融資したり、住宅ローンや有価証券へ資金を振り向けさせて市場にお金を供給させてるのが狙い。 なのでマイナス金利は金融機関からは大変不人気な金融施策になる。

3時間前 - 2019年03月26日


pickup

2017/11/30 更新


このページのトップへ▲