しっかり考えよう住宅ローン

自分のライフスタイルにあった住宅ローンを選ぼう

誰もが住宅を購入した際に、一括払いは困難で、住宅ローンのお世話になるのが一般的です。住宅ローンを組む際には、自分の人生を見つめなおし、生涯設計を行うのがお勧めです。基本的なこととしては、何年のローンを組むのか検討することで、当然のことながら自分の定期的な収入が得られる定年の時期をターゲットにローンを組むはずです。ただし、極端に短い期間であると毎月の返済が高額になるため、退職金を見込み退職時に退職金にて完済することを考慮する場合もあります。また、子供がいる場合は、特に中学進学や高校進学、大学進学の時に出費が必要になります。車を保有している場合は、一台に長く乗っていたとしても10年くらいで乗り換えることも検討しなくてはなりません。よって、自分のライフプランを想定して線表を記載して破たんの内容に計算するのが賢明です。また、住宅ローンの種類には、変動金利制のローンと固定金利制のローンがあります。変動金利は金利は安いメリットがありますが、毎年金利が変わるため将来の計画が立てづらいデメリットがあります。固定金利の場合は、決められた期間金利が変わらないので計画が立てやすいメリットがありますが、金利が高いデメリットもあります。どちらを取るかは個人の価値観で変わってきます。自分のライフスタイルに合わせてローンを選択するのがお勧めです。

住宅ローンの基礎知識

家やマンションの購入を考えたとき、住宅ローンの利用を考えますが、建築費用が幾らで、借り入れは幾ら、そして毎月の支払額が幾らになるのかをまずシュミレーションしてみると良いかも知れません。各貸し付け会社により借入可能額や借り入れ条件、返済プランなどが異なりますから自分にとってどこが一番適切かを判断します。もちろん、住宅会社を決めると、そこでまず住宅ローンの事前審査を進められます。自分の望む住宅を建てるには幾らの建設費用が掛かるのかを住宅会社が提示してくれますから、その金額から自己資金を引いた残額をローンの事前審査に出します。但し、受け渡しの際には、様々な必要経費が掛かりますからその資金は別に取っておかなければなりません。ローン会社は、提出された審査依頼を調査するわけですが、その際、もっとも重要なのは勤務先と年収であり勤続年数も考慮の対象となります。それから、本審査、契約へと進みますが、無事住宅の建設が完了した後はローンの支払いが始まります。住宅ローンには10年間所得税からの減税制度がありますから、わすれないように申告します。また一度借り入れるとそのままにするのではなく、借り換えすることにより有利になることもありますから、自分で調べることが勧められます。


check





最終更新日:2019/3/15

『住宅ローン』最新ツイート

トマス・J・スタンリー 名言集
(@Stanleybot001)

将来、資産家になりたいと思うなら、住宅ローンは年間の現金所得の二倍以内に抑えること。それ以上の高い家は絶対に勝っては駄目。

4分前 - 2019年03月26日


沖縄のうわさ話
(@tommy098u2)

#沖縄 【お金】住宅ローンの返済についてアドバイスお願いします。 = とくめいさん =お題の通りですが住宅ローンの返済についてです。大まかに書きますが住宅ローンの残金が約1500万。... https://t.co/sRFz9bXmd7

14分前 - 2019年03月26日


つぶやき不動産
(@REtsubuyaki)

買換えにおける住宅ローンの考え方 https://t.co/SkoZWM9Zg1 #住宅ローン #審査

21分前 - 2019年03月26日



このページのトップへ▲